TOPへ

猫と人の幸せをつなぐハートフルコミュニティ"ミャウミャウ"

Meow Meowについて
Balinese.バリニーズ.猫.性格.特徴.画像.

http://www.vetstreet.com

バリニーズはシャム猫の出来損ない?栄光への軌跡と性格や特長。

優雅で美しいバリニーズですが、実はシャム猫の出来損ないと言われていた暗い時期があったのをご存知ですか?今回は人気猫種の仲間入となったなバリニーズ(Balinese)についての栄光への軌跡と、そのルーツや性格と特徴、名前の由来などをまとめてみました。

バリニーズ(Balinese)の歴史ヒストリー

バリニーズ/Balinese

http://animalsadda.com/

バリニーズはシャム猫の出来損ない!?

バリニーズは元々シャム猫なのですが、何らかの突然変異で短毛であるはずのシャム猫から長毛のシャム猫が誕生したといわれています。当時のブリーダーは「おい!シャム猫が長毛?!勘弁してくれよ!」と言ったかどうかは知りませんが「シャム猫は短毛」と言う絶対的ステイタスがあり、長毛のシャム猫なんてもっての他だったのだそうです。

 

手軽な価格で庶民の間で人気に!

バリニーズ/Balinese

https://mysmelly.com/

長毛のシャム猫ということもあり、ブリーダーの間では劣化版シャム猫といわれていましたので、ほとんど価値が無かったため格安で販売されるようになりました。すると、庶民の方々にも手が届きやすい価格だったため、大変な人気となったようです。しかし、その時代の詳しい詳細が分からないため、いつ頃のお話なのかは定かではありません。ですが、高価で人気の高かったシャム猫を飼えない人は、外見は長毛でも中身はシャム猫の性格そのままなので、非常に重宝されたとの事です。

 

しかし、バリニーズはとても美しい猫なので、人々の間で徐々にシャム猫とは違った価値観を見出されていくこととなります。

 

バリニーズの壮大な栄光への道のり。

バリニーズ/Balinese

http://animalia-life.com/

1950年代に入ると、アメリカでシャム猫のブリーダーをしていたニューヨークのスミスさんと西海岸のドーシーさんの2人が、この長毛のシャム猫に出会いすっかり惚れ込みました。バリニーズをちゃんとした猫種として確立させようと、お互いはニューヨークとカリフォルニアと極端に離れた土地に住みながらも努力を重ね繁殖活動を開始することにしました。しかし…不幸なことに西海岸のドーシーさんは一身上の都合により自分のキャッテリーを手放すことになってしまったのです。それは、バリニーズの繁殖から手を引く事を意味します。

 

バリニーズの繁殖を守れ!

バリニーズ/Balinese

http://animalia-life.com/

 

バリニーズの繁殖から手を引くことになってしまったドーシーさんですが、運良く同じ西海岸のブリーダーであるオランダさんにその意志を引き継ぐことが出来ました!オランダさんは以前からバリニーズに対するドーシーさんの夢や意志を理解していましたので話は早かったのです。そして、今度はスミスさんとオランダさんで、飼育を希望するブリーダーからの様々な相談に乗ったり、更には子猫の譲渡先探しなど、多くの努力を重ねました。多くの愛好家のハートを掴めれば、それだけ知名度や需要も上がるわけです。

 

 

CFAからの認可を目指して。

バリニーズ/Balinese

http://cris-92.tumblr.com/

 

バリニーズは新猫種として多々の猫血統登録団体には登録されていたのですが、アメリカ最大の猫血統登録団体である「CFA」ではまだ公認されていなかったのです。しかしバリニーズの愛好家がどんどん増加し、ついにはバリニーズ猫種団体を立ち上げ、協力者達とスタンダード・タイプのバリニーズを産み出すことに成功しました!それが現在のバリニーズの原型であることは言うまでもありません。約20年の紆余曲折、苦難災難の時を経て1970年初頭に晴れてバリニーズの公認登録をCFAから通達されたのです!

”出来損ない”から栄光を勝ち取ったバリニーズ

CFAで公認登録をされ、ついに晴れ舞台のキャットショーへの出演の切符を手に入れる事が出来ました。バリニーズはあれよあれよと言う間の5年後には、なんとCFAのキャットショーにて全世界のブリーダーが羨望する「グランドチャンピオン」に輝くのでした!今までは”シャム猫の出来損ない”等、様々な悪態をつかれ正統なシャム猫のブリーダーたちからは敬遠されてきたバリニーズ。しかし、今では全世界の猫の頂点に立ち、同じ血統のシャム猫と堂々と肩を並べる存在になったのです。もちろん今までバリニーズを応援してきた愛好家たちは狂喜乱舞!ですが、そんな輝かしいバリニーズの姿を静かに見守っている人が居ました。そう、バリニーズに夢を抱き続けていたオランダさんはその頃、静かに天に召されていたのです…。

 

 

バリニーズ(Balinese)の名前の由来は?

バリニーズ/Balinese

http://blueworld28.nobody.jp/

最初、アメリカのスミスさんとドーシーさんの2人は「ロングヘア・シャム」と言う名前を提案していましたが、反対意見が多くあったため新たに名前を考えることとなりました。そして、そのたたずまいの優美なようすがまるでバリ舞踊のダンサーのようだということで「バリニーズ・Balinese」という名前に決定しました。さすがは芸術家が集う街ニューヨーク在住のスミスさん、とっても発想がアーティスティックです。普通、名前考えるのに「バリ舞踊のダンサー」なんて考えつきもしませんよね! 

バリニーズ人気と共に発生した問題!

バリニーズの毛色の区分について「今までのシャムの毛色に限るのか?それともシャムではアウトだった毛色もアリなのか?」という論争が発展し、曖昧なまま話が進んでいましたが、なんとバリニーズから「ジャワニーズ(ジャバニーズ)」と言う新猫種が派性する事態になりました!バリ舞踊のダンサーに対してジャワ舞踊のダンサーが登場!?しかしながら結局、バリニーズの毛色の種類のうちの一つという形で落ち着き「バリニーズ内ジャワニーズ(ジャバニーズ)」と言う「バリニーズ傘下」に納まったようです。

 

バリニーズの特徴。

バリニーズ/Balinese

http://animalsadda.com/

 

バリニーズの体重は3キロ~5キロで普通の猫と同じような重さであり、見た目としてはシャム猫の血を色濃く引き継いでいますので、凛とした三角形の耳をしておりブルーの綺麗な瞳です。頭は小さめのV型で、中型のボディのオリエンタル・タイプです。被毛については、基本的にセミロングよりも短く普通のシングルコートの被毛ですが、全身長毛のバリニーズも存在します。

 

割と毛色や長さの括りが曖昧だったりするのが、バリニーズの良い意味での特長だったりもするようです。

バリニーズの性格。

見た目は美しくとっつきにくそうな印象を受けてしまいますが、バリニーズはとても甘えん坊な性格をしており、頭脳明晰な上に運動神経も抜群で、人間と遊ぶのはもちろん他の猫や人間の子供、ワンちゃんとも仲良く楽しく暮らせるタイプです。頭脳明晰なタイプですので、ドア開けなどを覚えられてしまい苦労する面もあるかも知れませんね!ですが、クリッカートレーニングのようなしつけも要領よく覚えてくれそうです。運動能力をも持ち合わせていますので、キャットタワーを用意しておくようにしましょう!!

波乱万丈!バリニーズのまとめ。

バリニーズ/Balinese

http://animalia-life.com/

その出生から様々な経緯があり、苦節20年にして正式な猫種として確立された「バリニーズ/Balinese」元からエリート猫なのに、シャム猫の「基準」から外れてしまったが為に扱いもおろそかにされてしまいましたが、本来の美しさと性格の良さで現在はとても人気のある猫種となり、系列の種類も豊富となっています。カラーとしてはポイントのシールはもちろん、ブルーやチョコレート、クリームにライラックで、リンクスにトーティも承認されています。このバリエーションの豊かさは、やはり除外された経験をもとにバリニーズの愛好家さん達が努力を行った証だといえますよね!