TOPへ

猫と人の幸せをつなぐハートフルコミュニティ"ミャウミャウ"

Meow Meowについて
猫と人の幸せをつなぐハートフルコミュニティ " ミャウミャウ "

http://www.pawlingfreelibrary.org/

猫の記憶力はどれ位?飼い猫は飼い主を忘れてしまうのか?!

長期の単身赴任や、社会人となり実家の猫と離ればなれになってしまった人達にとって心配なのが「猫に忘れられてしまうのでは?」という問題です。猫は離れ離れになってしまった飼い主の事を忘れてしまうのでしょうか?また、飼い主が猫に忘れられない為の秘訣を探ります!

猫は忘れっぽい生き物?記憶力はどれ位?

猫.飼い主.忘れ.何日.留守.旅行.記憶力.知能.cat.ミャウミャウ.MeowMeow.

http://minnanotameni.blog.shinobi.jp/2019

犬に比べて猫は知能指数の低い生き物だという印象から、猫はそこまで記憶力が無いようなイメージがありますが、それでも猫の脳は動物の中では発達している部類に入ります。特に嗅覚に関しての記憶力は犬のそれに匹敵するらしく、目が良くない変わりに嗅覚の記憶で飼い主や環境などの情報を記憶していくようです。

猫の記憶力の使いどころは生命に関する分野

限りある猫の記憶のキャパシティの使いどころは、やはり生死に関係する所にあります。野良猫に餌を与えたら後日また餌をねだって後をついてくるのも記憶に残ってるからですよね。また、飼い猫においても大好きなオヤツが入ってる戸棚を開けようとするほんの微かな音だけで飛んでくる・・・なんて経験ありませんか?食べ物に関する記憶は忘れないように猫の脳に強くインプットされています。他にも、猫自身が危険な目にあった経験や苛められたショックも猫の記憶の中に強く残ります。野良猫に近づこうとした瞬間にすぐさま逃げてしまう場合、きっと過去や現在になにかしらの危険な目にあって、その記憶からの回避行動だと言えますね。

 

飼い主が猫に忘れられてしまう原因は?

猫.飼い主.忘れ.何日.留守.旅行.記憶力.知能.cat.ミャウミャウ.MeowMeow.

http://feline-nutrition.org/

では、飼い主が猫に忘れられてしまう原因にはどのような事が考えられるでしょうか?

飼い主と猫との信頼関係が築けなかった。または信頼関係が浅かった。
・飼い主のいない期間の生活がとても充実している。
・単純に猫と会わない時間が長すぎたので記憶から抜けてしまった。

上記の通り、やはり共通して言えるのは飼い猫と飼い主がどれだけ仲良しであったか、そしてどれだけ猫にとって飼い主が重要な人物だったかという所にかかっているという事でしょう。では、あなたが飼い主として忘れられない存在になるにはどうしたら良いのでしょうか?

 

猫は面倒を見てくれる飼い主の記憶は色濃く残る!

猫.飼い主.忘れ.何日.留守.旅行.記憶力.知能.cat.ミャウミャウ.MeowMeow.

http://www.ehow.com/

 

猫は相手の外見・声・匂い等の情報で記憶します。更に一緒に遊んだりして仲良く過ごしていたり毎日ごはんをくれる人に対しては更に強い印象として猫の記憶に残ります。それもそのはず、安定した食物がある場所に居つくのが猫の習性なので、猫の生活にとって一番重要な要素を満たしてくれる人はまさに猫にとって最重要な人物なのです!そこまで濃厚な時間を過ごしていれば、数か月程度離れ離れになっても忘れられる事はありません。

では忘れられる心配は無し?

家族同然の暮らしを共に過ごしていれば、そう簡単に忘れられる事はないのですが、それでも2年~3年以上の時間が過ぎてしまうと忘れられてしまう可能性が高くなってきます。一年に一回でも一緒に過ごす時間を設けられるのであれば猫に忘れられてしまう可能性は無いでしょう。

 

猫の知能は人間での2歳児くらい

飼い主の事を猫がずっと覚えていられないのは、猫のその知能のレベルにあります。一般的に猫の知能は人間で言うと2歳くらいとみなされていますので、例えば2歳児の人間の子供に数年間会わずにいたが「自分の事を覚えていてもらう」というのが現実的に難しいように、猫も同様の事が言えます。やはり出来るだけ猫のもとに顔を出してあげるのが一番でしょう。

 

飼い主なのに忘れられてショック…でも安心して下さい

猫.飼い主.忘れ.何日.留守.旅行.記憶力.知能.cat.ミャウミャウ.MeowMeow.

http://www.360doc.com/

猫が以前のように接してくれなくなったとしても悲しむ必要はありません。飼い主さんが以前まで飼い猫と良好な関係を築けていたのであれば、当時と同じ気持ちで愛情を持って接してあげる事で今まで通りの良好な関係になります。人間同様、動物の記憶には限界がありますが、飼い主が猫と過ごしてきた大切な時間・幸せな心地というものは絶対的なものであり、それは記憶なんかよりも、ずっと頼りになる本能の記憶だと思います。そういう時間をこれから先も愛猫と沢山作りたいものですね。