TOPへ

猫と人の幸せをつなぐハートフルコミュニティ"ミャウミャウ"

Meow Meowについて
http://www.wallpapermania.eu

http://www.wallpapermania.eu

猫が口呼吸してるけど大丈夫?!呼吸の仕方に見る猫の健康状態。

猫が口をあけてハァハァと口呼吸をしている光景を見た事がありますか?犬の場合だと良く見る光景だとは思いますが、猫が口呼吸している場合は犬と違って体調に何らかの不調が起きてるというサインかもしれません。猫の呼吸についての知識と不調の前兆を見逃さないようにしましょう!

猫が口呼吸をしていたら要注意!

猫口呼吸7

http://wallpaperswide.com

猫は基本的に鼻呼吸をする動物ですので、鼻で満足に呼吸ができないとき以外は、口呼吸をすることはほとんどありません。突発的なケースで非常にストレスがかかっている時やに口呼吸がみられる事もありますし、子猫あるいは成猫であっても、夏場の暑い時期に激しい運動をした後だと体温調節をする為に口呼吸になる事もあるようですが、それもやはり犬と比べるとごく少数のようです。

なので、猫が口呼吸をしていたらそれは何らかの不調のサインだと思うくらいの考え方で良いと思います。

 

この動画だと20秒あたりから口呼吸が見られますね。猫の仕草としては見慣れないものなのですぐに異変に気付くと思います。この場合は激しい運動をした直後との事なので疾患等の心配はないとの事です。

 

猫の口呼吸は“呼吸困難”が原因である事が多い

猫口呼吸5

http://ameblo.jp

普段は鼻呼吸をする猫がハァハァと口呼吸をする事をパンティングと言うのですが、自然に呼吸をするだけでは、取り入れられる酸素の量が少ないので能動的に呼吸をしている状態です。

さきほども紹介した通り激しい運動後のパンティングは問題ないのですが、普通に生活している時にこの現象が見られた場合は注意が必要です。

 

こちらの動画の茶トラ猫ちゃんの呼吸の仕方が呼吸困難時の典型的なパンティングの表れ方です。胸とお腹を大きく膨らませながら、息を吐くより数時間が長めな感じでせわしなく呼吸をしてる様子がわかりますね。主な呼吸困難のチェックポイントとしては以下の項目です。

  • 口を開けて呼吸している。
  • せわしなく呼吸している。
  • 息を吸ったり吐いたりが苦しそう。
  • 呼吸をするとき「ヒューヒュー」と雑音がする。

呼吸困難の深刻度は舌を見て確認!

猫がハァハァと口呼吸をしてる所を目撃してから病院に連れて行くまでの間、飼い主としては心配で仕方がありませんよね。猫の舌を確認して症状の深刻度を把握しておきましょう。

 

舌の色がピンク⇒通常の猫の舌の色なので深刻度は極めて低いでしょう

舌の色が赤い色⇒運動後や暑いときなど体温が上がってる時の健康的な現象です

舌の色が青紫色⇒酸素不足の症状なので真っ先に病院に連れていきましょう

 

口呼吸を発見したらとにかく病院へ!

口呼吸をしてるという事は猫ちゃんが呼吸困難状態に陥ってるというサインです。そこには非常に重たい病気が関係している場合が多いので早急な対処をしないと最悪の場合は死に至る可能性が高いので、飼い主自身で判断が出来ない場合はすぐに病院に連れて行ってあげて下さい。夜間や病院がお休みと言った場合でも救急病院を利用するなどして、とにかく少しでも早く獣医さんに診てもらうようにしたいので事前に連絡先はメモしておいて目に付きやすい場所に置いておくと安心ですね。

 

呼吸困難からの口呼吸の原因は?

猫口呼吸2

http://nekonekocube.com

猫の呼吸困難は様々な深刻な病気が原因となって引き起こされてる場合が多いです。

熱中症

猫は比較的暑さに強い動物ですが、真夏の日中などでは注意が必要です。熱中症からの呼吸困難は命の危険も伴う非常に深刻なケースです。

猫喘息

猫喘息とは猫のアレルギー性呼吸器疾患の一つです。主な原因としては冷たい空気、煙、感染症、ストレスや不安、運動など様々なものが原因となるようです。

胸水

傷口からの細菌感染や肺気腫が原因となり肺がある胸に液体が溜まってしまい、肺が十分に膨らむことができなくなり、呼吸困難が生じます。

心筋症

心臓の働きが弱くなる病気です。血栓塞栓症を合併すると後肢麻痺、前肢麻痺、痙攣、腎不全などを急性に発症し、生命に関わる重篤な状態になります。

 

猫の口呼吸のまとめ。

Cute female cat licking the face of its owner.

http://megamagnit-tlt.ru

真夏の非常に暑いような環境下で激しい運動をした時には猫も口をあけて呼吸をする事があります。しかし、それも一過性のもので暫くしたらパンティングはおさまります。猫の舌の色を見て呼吸困難の深刻度を調べる方法もありますが、なんにせよ暫くしてもパンティングを続けるような事があれば時間や病院側の都合は度外視してでも病院に連れて行くことをお勧めします。