TOPへ
https://www.aspcapetinsurance.com/

https://www.aspcapetinsurance.com/

あれ?猫の目が変だぞ…猫の結膜炎!結膜炎の種類とその対処方法は?

猫の目のふちが赤身をおびて、なんだか目もウルウルしてる…それは結膜炎の可能性があります!それでも、猫はなんとなくいつも通りだし…猫は非常に我慢強く気丈にふるまうので、気がつかない、発見が遅れるとうことはよくあるので注意しましょう!猫の結膜炎について調べました!

猫の結膜炎…どんな症状?

猫 結膜炎 充血 まばたき 涙 カタル性結膜炎 急性 慢性 ウイルス 細菌 感染 ミャウミャウ

https://www.aspcapetinsurance.com/

 猫はもちろん、人間にもある「結膜」とは、まぶたの内側にある粘膜のことです。
この部分に炎症が起きると「結膜炎」となります。
かゆみや、痛みのために目を気にするようになり、前足で目を何度もこすったり、顔を床や壁にこすりつけたりしだしたら、それは結膜炎の一般的な症状からくる行動です。
それとともに、目の周囲が涙で塗れていたり、多量の目やにが出ていたりすることがあります。

 

猫の結膜炎の原因は?

猫 結膜炎 充血 まばたき 涙 カタル性結膜炎 急性 慢性 ウイルス 細菌 感染 ミャウミャウ

http://kittens.articlepac.com/

 猫の場合は細菌やウイルスによる感染の他、外傷や砂、ほこりなどの異物により結膜が刺激され炎症がおこり発症することもあります。
そして、猫ヘルペスウイルス、カリシウイルス、クラミジア感染、マイコプラズマ感染などの感染が原因となることも多いです。
また、涙の減少、アレルギーや免疫介在性疾患が原因で発症する場合もあります。

 

猫の結膜炎の種類。

猫 結膜炎 充血 まばたき 涙 カタル性結膜炎 急性 慢性 ウイルス 細菌 感染 ミャウミャウ

http://kittens.articlepac.com/

 結膜炎にはいくつかの種類がありまして、「カタル性」と呼ばれるものは、粘膜の表面で炎症が起こったために粘膜上皮が剥がれ落ちて、粘液の分泌が異常に増えた状態をいいます。

そして、この状態が長引き、免疫細胞の死骸が徐々に溜まって生じるのが「化膿性」となります。

急性カタル性結膜炎

 涙が多くなります。
最初は水のようにさらさらしたものが、徐々に粘度を増しジュース状の漿液になっていきます。
そして、多くの場合チェリーアイを伴います。

チェリーアイとは、猫の第三眼瞼(だいさんがんけん)の裏側にある腺が炎症を起こし、赤く腫れ上がった状態のことを言います。

慢性カタル性結膜炎

 急性に比べると症状は若干軽く、結膜が多少厚くなり、ネバネバした分泌物を出すようになります。

急性化膿性結膜炎

 子猫や若齢猫によく見られる症状で、カタル性結膜炎が発展して発症します。

二次感染によって症状が重くなっていき、黄緑色の膿を排出するようになります。
結膜が真っ赤に変色してひだ状に変形し、多くの場合角膜炎を伴います。
なお、目が開く前の新生子に結膜炎が生じた場合は、ときに「新生子性結膜炎」と呼び分けられることがあります。
細菌とウイルスが入り混じった状態で、まるでまぶたが接着剤でくっついたように見えるのが特徴です。

慢性化膿性結膜炎

 目から膿のような分泌物が出て、上下のまぶたがくっついてしまいます。

結膜は充血して腫れあがり凹凸状に変形するので、角膜の表面がひどく変性して、新生血管を生じることもあります。

 

猫の結膜炎の予防方法は?

猫 結膜炎 充血 まばたき 涙 カタル性結膜炎 急性 慢性 ウイルス 細菌 感染 ミャウミャウ

https://www.vetwest.com.au/

 ウイルスやクラミジアの感染による結膜炎を予防するには、何しろワクチン接種を行うことが有効、そして大切です。

そして、ウイルスとの接触の減らすために、完全室内飼いを心がけましょう。

しかしながら、飼い主さんがウイルスを媒介してしまうこともあります!

他の猫を触ったあとは、手をしっかり洗い洋服などもよく消毒するようにしまっしょう!
日ごろから猫の目をよく見てあげて、チェックすることで早期発見早期治療にもつながります。

 

猫の結膜炎の治療方法。

猫 結膜炎 充血 まばたき 涙 カタル性結膜炎 急性 慢性 ウイルス 細菌 感染 ミャウミャウ

http://animaleyecare.net/

 猫の目の周辺が赤くなっていたり、痒みや痛みがあるために異常なほど目を気にしているようでしたら、すぐに動物病院に連れて行き診察してもらいましょう。

主な治療としては…

洗浄します。

 猫の目の周辺をほう酸水などで洗浄し、常に清潔に保つようにします。

点眼薬や眼軟膏を塗る。

 これは炎症を抑えるために処方されます。
しかし、目が開く前の新生子に結膜炎が生じた場合(新生子性結膜炎)では、内側からゆっくりとまぶたを開き、膿や粘液を取り除いた上で点眼式抗生物質を滴下します。

猫の目の周辺の毛をカットする場合も。

 猫の眼球周辺の被毛が眼に入って炎症を引き起こしている場合は、目の周囲にある無駄毛をきれいにカットしてくれます。
基本的に猫は、目の中の異物を第三眼瞼(瞬膜)のワイパー作用によって自力で排出できます。
しかしながら、飼い主さんが異物が入らないように気を付けておくことも重要です。

感染症治療の場合。

 細菌やウイルスが原因の場合は、まずは根本的な原因を取り除きます。
猫で最も多いのは、猫ウイルス性鼻気管炎と猫カリシウイルス感染症です。
前者の場合ですと、原因がヘルペスウイルスであることから「ヘルペス性結膜炎」と呼ばれることもあります。
しかし、一度は治ったように見えても、多くの場合はウイルスを保有したままの状態なので、猫白血病ウイルス感染症や猫エイズウイルス感染症などで免疫力が低下したときに再発してしまうこともよくあります。

エリザベスカラーを装着する。

 猫がどうしても眼をこすってしまうような場合は、エリザベスカラーを装着して、前脚や後ろ脚で目を触れないようにします。
しかしこの方法は、根本的な原因を解決するまでの一時しのぎと、治療後に目をこすらないようにすると言った効果のみです。

 

猫の結膜炎の種類、対処方法のまとめ。

猫 結膜炎 充血 まばたき 涙 カタル性結膜炎 急性 慢性 ウイルス 細菌 感染 ミャウミャウ

https://www.petfinder.com/

 猫の結膜炎の見方としては、黄緑色っぽい目ヤニ、涙、結膜の色の変化などでチェックしてあげましょう。

目のまわりが涙で濡れていたり、多量の目やにが出ていたりと、割と飼い主さんも気づきやすそうな症状が現れますので、そういう兆候が見られたら動物病院に連れて行きましょう。

何しろ早期発見でしたら回復も早いですし、後に手もかかりません。

しかし、目だけではなく発熱や鼻水が出るなどといった症状が出た場合は、早急に動物病院へ行き、お医者さんの指示をあおいでください。

今回は猫の結膜炎について調べてみました!

 

 

こちらの記事もいかがですか?