TOPへ
室内飼いの猫にも!ワクチン摂取の回数と時期、必要性を学ぶ。

http://www.catster.com

室内飼いの猫にも!ワクチン接種の回数と時期、必要性を学ぶ。

室内飼いの猫ならワクチン接種は必要ないだろう!と考えがちですが、外出した人間からウイルスに感染する場合があります。また、子猫の時期には決められた回数のワクチン接種を受けさせる必要があります。意外と知らないワクチンの接種時期と回数などをご紹介します。

室内飼いの猫でもワクチン接種が必要な理由

室内飼いの猫にも!ワクチン摂取の回数と時期、必要性を学ぶ。1

http://www.petmd.com

人間がウイルスを部屋に持ち込む

放し飼いの猫とは違い、確かに完全室内飼いである猫には感染症のリスクは低いといえますが、「完璧」ではありません。なぜならば飼い主が外からウイルスを持ち込む危険性があるからです。また、お友達やお客様からの持ち込みにより猫がウイルスに感染してしまう場合もあり、動物病院でも他の猫から猫風邪をうつされる恐れもあります。万が一ワクチンの接種をしていない猫が感染症にかかってしまうと、重症となり命を落とすこともあるのです。タイミングが合わずにワクチンの接種が出来ていない人や、ワクチン費用を気にして接種させていない飼い主さんは、これを機会に動物病院で猫にワクチンの接種をさせるようにしてください。

 

子猫のワクチン接種時期と回数

室内飼いの猫にも!ワクチン摂取の回数と時期、必要性を学ぶ。3

http://www.petmd.com

基本的な子猫のワクチン接種回数は2回

生まれてきたばかりの子猫は母猫の初乳を飲むことで強い免疫力をつけることができます。この初乳とは子猫を産んで2日間ほど出す母乳のことで、初乳を飲んだか飲んでいないかで免疫力に大きな差が生まれます。しかし、初乳を飲んだとはいえ子猫の免疫力は生後56日(8週齢)頃に消滅してしまうことから、その時期に初めてのワクチン注射をおこないます。とはいえ、その時期にワクチン接種をしたとしても、子猫の体内にはまだ母猫から受け継いだ抗体が残っている場合があり、接種したワクチンを母猫の抗体が子猫の体内から排出してしまうことがあるので、2回目のワクチン接種を生後84日(12週齢)の時期におこないます。2回めのワクチン注射が済んだ後は基本的に1年に1回のワクチン接種となります。

※病院によっては子猫の時期に3回のワクチン接種を推奨している場合もあります。

 

母猫の初乳を飲めなかった子猫の場合

先程の説明の通り、母猫の初乳を飲んでいない場合には子猫の免疫力が非常に弱いため、ワクチンの接種時期は生後4週齢の頃に1回目のワクチン注射をおこなうことがあります。子猫の健康状態も不安定な時期ですので、その際には動物病院で獣医さんとよく相談をしてワクチンの接種時期を決めても良いかもしれません。

 

成猫のワクチン接種回数が見直されている!?

室内飼いの猫にも!ワクチン摂取の回数と時期、必要性を学ぶ。2

merriam-webster

基本的には1年に1回の接種

成猫の場合には1年に1回のワクチン接種をおこないます。ワクチンの注射当日は、猫に急な後遺症、アナフィラキシーがおこる場合がありますので接種当日は出かけない日を選んで自宅で猫の様子が確認できる日におこないましょう。

 

近年では3年に1度のワクチン接種回数を推奨!?

ワクチンはむやみに接種すべきではない。コアワクチンは、子犬および子猫の初年度接種シリーズが完了し、12ヵ月後に追加接種(ブースター)を終えたら、3 年毎よりも短い間隔で接種すべきではない。なぜなら、免疫持続期間(duration of immunity, DOI)は何年にもわたり、最長では終生持続することもあるためである。
                                                                   引用:WSAVA

 

医療技術の向上により、常識だった1年に1回というワクチン接種の回数が3年に1度に見直されているのをご存知ですか?これは噂でもなんでもなく(WSAVA)世界小動物獣医師会のサイトでも研究論文が発表されており、近年ではワクチンによる有害事情による問題が論議されたようです。動物病院でもこの3年に1回というワクチン接種プログラムの回数を推奨している獣医さんも増えてきているそうですので、気になる方はかかりつけの動物病院で相談してみると良いかもしれません。動物病院は猫にとってストレスとなる場所ですので、これは飼い主さんにも猫にも大変嬉しい情報でもあります。詳しいガイドラインはこちらで確認することができます。

 

世界小動物獣医師会(WSAVA) ワクチネーションガイドライン

http://www.wsava.org/sites/default/files/WSAVA%20Vaccination%20Guidelines%20Japanese.pdf

 

 

ワクチン接種後に飼い主が気をつけること

室内飼いの猫にも!ワクチン摂取の回数と時期、必要性を学ぶ。5

http://www.prattspets.com

アナフィラキシー・ショック

ワクチン接種後に飼い主が気をつけたいのは、稀に発症するといわれるアナフィラキシー・ショックといわれる猫のアレルギー反応です。アナフィラキシー・ショックを発症してしまうと、痙攣や嘔吐、呼吸困難や血圧の低下などの症状が見られ、主にワクチン接種後10分~15分で発症するのが特徴です。スグに手当をしないと猫がショック死してしまいますので、ワクチンの接種後は動物病院の近くで猫の様子を見るのが良いかもしれません。アナフィラキシー・ショックが起こる原因としては、体内に接種したワクチンに対して猫の免疫が過剰反応をすることから起こる副作用で、1度でもアナフィラキシー・ショックを発症した猫には同じメーカーの製造するワクチンを使用することはできません。

 

ワクチンの抗体ができるまでは感染注意!

猫もそうですが、飼い主の方も猫にワクチンの抗体ができるまでは他の猫と接触したり、させたりするのは止めておきましょう。接種したワクチンの抗体が完全に出来上がるまでには3週間ほどかかるため、ワクチン接種をしたばかりの頃は他の病気にかかりやすい状態ですので注意しましょう。また、ワクチンを接種した部分がコブのように腫れあがり、炎症性肉芽腫(えんしょうせいにくがしゅ)ワクチン接種部位肉腫(せっしゅぶいにくしゅ)になる場合があり、2週間ほど経過しても腫れが治まらないと、ガンになってしまうこともありますのでワクチンを接種した動物病院で診察を受けるようにしましょう。

 

ワクチンの料金は病院によって違う

室内飼いの猫にも!ワクチン摂取の回数と時期、必要性を学ぶ。6

http://www.catster.com

ワクチン注射の料金は動物病院によって異なりますので、省かせて頂きました。最寄りの動物病院のホームページに料金が記載されていると思いますので、そちらを参考にするのが1番良いでしょう。今回のまとめでは今まで常識だった1年に1回のワクチン接種回数が見直され、3年に1回という回数が推奨されつつあるということが分かりましたね。動物病院は猫にとっても大きなストレスとなる場所ですので、病院へ行く回数が減って猫にとっても良いことだと思います。もし、次にワクチン接種をおこなう際には(WSAVA)世界小動物獣医師会でも発表されているワクチネーションを獣医さんに相談すると良いかもしれません。

 

こちらの記事もいかがですか?