TOPへ

猫と人の幸せをつなぐハートフルコミュニティ"ミャウミャウ"

Meow Meowについて
猫行動範囲

猫の行動範囲はどのくらい?その驚くべき範囲や距離とは?!

例えば貴方が野良猫を見かけた時、また同じ場所で同じ野良猫を見かけるという事があると思いますが、果たして猫の行動範囲はどの位なのでしょうか?また、飼い猫が脱走してしまったらどの範囲まで逃げてしまうのでしょうか?猫の習性としての行動範囲や距離に規則性はあるのか?!

猫の行動範囲はそのエリアの食物の豊富さで変動する

猫行動範囲2

http://ameblo.jp

一般的に言われているのは、野良猫で半径500m前後、飼い猫が迷子になると半径100〜200m前後が一日の行動範囲の限界と言われています。「ネコは家につく」と言われるように、基本的には環境の変化を嫌い安心して生活が出来る場所に居つくという習性があるようです。行動半径は完全室内飼い・都会・田舎と環境によって変化します。飼い猫の場合は基本的に食べ物がある場所に居つくので、安定した食物が保障されてる家から遠ざかり続けるという事は無いので、飼い猫が脱走してしまった時は気持ちを落ち着かせて半径100〜200m前後を探してみると良いでしょう。野良猫が同じ場所で良く見かける場合は、おそらくその周辺で餌を与えられていたり、豊富な食物が存在し、外敵の少ない場所だからなのでしょうね。

 

GPS付き首輪で猫の行動範囲を管理する時代?!

猫行動範囲3

https://vk.com

そもそも飼い猫に首輪をさせる意義としては、単に可愛いだけでなく万が一の脱走時に周りの人達から見て“野良猫か飼い猫か”判別できるという部分が大きいでしょう。迷い猫捜索願いのチラシを出した際に首輪の形状や色が情報の一つになりますし、音が鳴る鈴や迷子札がついている首輪であれば捜索もぐっとはかどりますよね。

そして最近はGPS付きの首輪という物も出始めているようですが、現状まだその技術の不安定さから完全なる普及には至ってません。今後GPS首輪技術が実用化されたらこの世から迷い猫がいなくなる世界も実現するかもしれませんね。

GPSつきの首輪についての記事もありますので、参考にしてみてください。

 

>>「猫の行動範囲を知り、GPSつきの首輪で災害や脱走から猫を守る!」

 

夜の猫の行動範囲をGPSで追跡した実験

オーストラリア、ニューサウスウェールズ州で行われたとある実験があります。上の画像は幾つかのお宅で行われた“夜の飼い猫の行動範囲をGPSにて記録したもの”の一例です。各結果それぞれ個体差はあるものの、その大体が家の周りでの滞在時間が多く、そこから行動範囲を広げていくという結果になっています。テリトリー意識が多い猫ですが、この研究によって「思ったより遠くまで散歩している!」と飼い主もビックリする結果が出たり、中には山の中にまで侵入して帰って来たツワモノ猫もいたとか?!なので猫の行動範囲については決して一概に言えないという事も言えますね。それにしても猫の帰巣本能にはただただ驚かされるばかりですね!

猫行動範囲4

http://pawtrack.com/

猫が脱走してしまった時の心得

猫行動範囲5

https://pixabay.com

猫が脱走してしまった際には、落ち着いて家の周りを捜索します。猫は行動範囲を急激に広げることはないので家の周りを探していたら見つかるパターンがありますので、優しく声をかけながら捜索してみて下さい。猫がいつ逃げたかわからない・逃げてからかなり時間が経過してる可能性がある時は猫の行動範囲も広がってる可能性があるので飼い主さんだけでの捜索が困難になる確率が上がりますので、落ち着いて各機関への連絡等をするようにしましょう。

警察

落し物をしたら警察に遺失物として届けますが猫の脱走の場合も同様です。ほかの機関は時間が限られていますが、警察署への連絡は24時間対応してもらえます。110番ではなく警察署の番号を確認して連絡するか、近所の交番に届け出るのがいいでしょう。

保健所

市区町村ごとに分かれている機関なので事前に確認しておきましょう。ペットの失踪届として届け出ます。保護してくれている人から連絡があれば、教えてもらえます。筆者は区境に住んでいるため、隣接している2つの区に連絡しました。

動物管理センター

都道府県ごとに分かれているので事前に確認しておきましょう。東京の場合は「東京都動物愛護相談センター」( 03-3302-3507 )があります。2.3日に一度連絡しましょう。定期的に連絡すると整理番号がふられます。

清掃局

猫が区道や市道で事故死した場合、近隣の人から連絡があると、役所の土木課や清掃事務所などで遺体を回収します。自治体によって異なるでしょう。まずは問い合わせてみることです。区によっては業者が代行して行っているケースもあります。ほとんどの場合、日時や場所の記録だけしか残してもらえず、猫の特徴までは記されないようです。最悪のケースだとしても、事実の把握に近づくために連絡する価値はあります。

 

各機関に連絡をする際のポイント

脱走してしまった飼い猫の飼い主としては、一刻も早く見つけ出したいという気持ちで焦るのは痛いほどわかりますが、各機関に連絡する際はとにかく冷静にわかりやすく話すことがスムーズな捜索の助けとなります。猫の名前や特徴・いなくなったと思われる日時、状況、それ以外に目立つような特徴をメモした上で連絡しましょう。

 

まとめ・猫の行動範囲について

猫行動範囲6

http://viralplanet.net/

猫は非常にテリトリー意識が高いと言われている動物なので、もし飼い猫が脱走してしまったとしても数日そこらでとんでもない距離に逃げることはありませんし一気に行動範囲を広げようとはしないので、まずは猫を見失った周辺を根気よく探してみるのが良いでしょう。今回、猫の行動範囲の性質を知る事でより深く猫の性格や深い部分を知れる機会になってくれたらと思います。