TOPへ

猫と人の幸せをつなぐハートフルコミュニティ"ミャウミャウ"

Meow Meowについて
cat.猫.目.瞳.種類.色.ミャウミャウ.

http://animal-jam-clans-1.wikia.com

猫の目の色は何種類?美しい猫の瞳の謎を解く!

猫の瞳の色って本当に美しいですよね♪皆さんの猫の目は何色ですか?人間でも人種によって瞳の色が違うように、猫も個体によって様々な種類の目の色があります。今回は美しい猫の瞳にスポットを当て、何種類の色の目があるのかを図によって詳しくご紹介したいと思います。

2019猫の目は大きく分けて5種類の色がある

cat.猫.目.瞳.種類.色.ミャウミャウ.

https://www.pakutaso.com

厳密にいえば猫の目にはたくさんの色がありますが、猫の目の色を大きく分けると5つの種類の色があり、ブルー・グリーン・ヘーゼル・イエロー・カッパーとなります。もっと細かく振り分けることはできますが、色は個人によって感じ方が異なることもありますし、似たような色を細かくする必要はないと思いますので、”基本的に”は猫の目の色は5種類と覚えておきましょう!それではどうして猫の目にはこれほど多くの色があるのかを掘り下げていきます。

 

 

猫の目の色はメラニン色素の量で決まる

猫は人間のように白目の部分は無く、代りに色彩/こうさい(人間でいえば瞳孔を囲んだ色のついた部分・日本人なら黒、外国人なら青など)が大半を占めており、その色彩にあるメラニン色素によって猫の目の色が決められております。この仕組みは人間と同じですね!目薬でも有名なSantenで虹彩について分かりやすく書かれていましたので、ご紹介いたします。

 

虹彩は目の色にも関係しています。目の色は、茶色、青色、グレーや緑色と多彩で、虹彩に含まれるメラニン色素の量によって変わってきます。メラニン色素は、有害な紫外線から身体を守る役目を持っている色素です。太陽の光が強い暑い国ではメラニン色素が大量に蓄積されて黒や茶色などのひとみになり、逆に太陽光が弱い寒い国ではメラニン色素の量が少なく、グレーや青色のひとみになるといわれています

 

引用元:Santen

 

メラニン色素と目の色の関係図

メラニン色素の量によって猫の瞳にある虹彩がどのような色に変化していくのかを分かりやすく図にしてみましたのでご覧ください。ご自分の飼っている猫の目と比べてみたり、近所の野良猫を見た際に何気なく観察してみるのも面白いかもしれません。

猫の目.種類.色素.図

©MeowMeow / ミャウミャウ

細かく猫の目を色分けすると、このようにかなり多くの瞳の色になるということが分かります。ですので、記事の最初の方で”猫の目の色は5種類”という風に書かせていただきました。この細かい瞳の図を大きく5種類に分けるとこうなります。

 

①ブルー  (サファイア・ブルー・アクア)

②グリーン (グリーン)

③ヘーゼル (ヘーゼル) 薄いグリーンとブラウンのグラデーション

④イエロー (アンバー・ゴールド)

⑤カッパー (オレンジ・カッパー)

 

色を細かく別けてしまうと、この瞳の図に書かれていない微尿なニュアンスの色まで発生してしまい切りがありませんし、いちいち覚えていられません(笑) ですので、最初の方で猫の瞳の色は5種類と書かせていただきました。もちろんこれは数ある猫の目の情報を調べた上で、「これでは収拾がつかないな」と感じた一個人の見解ですので”自分は当てはまらない”というお考えも決して間違っているわけではありません。猫の目の色の情報を調べてみれば私と同じように感じると思います。

 

 

特殊な猫の目の色を含めると7種類

cat.猫.目.瞳.種類.色.ミャウミャウ.1

https://www.pakutaso.com

あくまで”特殊”なので、5種類の中には含みませんでしたが「私は入れたいな!」という人は、特殊な猫の目の色を含めた数を種類に加えても良いと思います。子猫の場合にはキトンブルーといわれる目の色をしている場合がありますが、成長に連れて色が無くなります。

 

オッドアイ・ダイクロイックアイ

オッドアイ

©MeowMeow / ミャウミャウ

猫の中にはオッドアイ”虹彩異色症”という左右の目の色が違う猫も存在します。特に白猫ではオッドアイになる個体が多いといわれており、青い目の方には高い確率で聴覚障害が起きることが知られています。中には稀ですが、1つの目の中に2色の色が発生するダイクロイックアイといわれる”中心型虹彩異色症”というものもあります。生まれつきダイクロイックアイではなく、突然目の色が変化した場合には角膜炎にかかっていることがあるのでご注意を!オッドアイについての詳しい記事もありますので、こちらもどうぞ「幸せを呼ぶ!白猫の”オッドアイ”里親になる前に知っておく障害の話」

 

レッド (アルビノ)

アルビノ

©MeowMeow / ミャウミャウ

猫の中には稀にレッドといわれる赤い目をした個体が生まれることがあり、人間でも自然界でもこのような現象が見られます。赤い目になってしまう原因は先天的なメラニンの欠乏で、このことをアルビノといいます。レッド・アルビノの猫は、メラニン色素がほとんどありませんので、目に入る光が全て反射されることとなり、目の奥の血管が浮いて見えるので瞳が赤くなってしまうのです。カメラをフラッシュ撮影した際に眼球が赤く写ることがありますよね?あの現象と同じだと思えば分かりやすいと思います。白ウサギの目が赤いのもアルビノと同じです。

 

生まれて間もない子猫はブルーの目が多い

生まれて間もない多くの子猫の場合は、キトンブルーといわれる目の色の個体が多く、メラニン色素が虹彩に沈着していないため、瞳が青く見えます。猫の目の図でいえばちょうど一番上のサファイアに似た色をしており、子猫にまだメラニン色素が少ないということが分かります。生後20日頃から少しずつ色が変わり始め、2ヶ月を過ぎた辺りからメラニン色素が虹彩にしっかりと沈着してくるのが分かります。個体差によって違いますが、6ヶ月辺りで猫の目の色が落ち着き始めます。ロシアンブルーなどでは1歳~2歳の間で虹彩が落ち着くことがあるようです。

 

 

猫の目の色は5種類+2種類と覚えておこう!

cat.猫.目.瞳.種類.色.ミャウミャウ.2

https://www.pakutaso.com

ヘーゼルはグリーンのようなブラウンのような何とも言えない色なので、5種類の中で1つの種類としてご紹介させていただきました。ウチのキジ猫もヘーゼルの目をしているのですが、何色といったら良いのか悩む色をしています(笑) もしかしてキジ猫はヘーゼルが多いのでしょうか?猫の目の色は大きく分けて5種類と紹介させていただきましたが「特殊なのを入れれば+2種類ある」と覚えておくと良いでしょう。メラニン色素が薄くても濃くても猫の健康に異常が現れるワケではありませんので、ご安心くださいね!