TOPへ
cat4

ちょっと怖い!猫が飼い主を”好き”かどうかをチェックする方法!

飼い主ならば猫がどれほど自分のことを好きなのか気になるところですよね?果たして猫は飼い主をどのように思っているのでしょうか?そして猫が飼い主を好きだと思う時はどのような愛情表現を示すのでしょうか?今回の記事では猫が飼い主のことを好きだと示すしぐさやサインを調べてみました!

猫の飼い主さんなら誰もが気になる・・・

猫 飼い主 好き サイン ねこの気持ち

http://www.santabanta.com/

 

猫好きのみなさん、毎日の猫ちゃんライフを楽しんでいますか?わが家にも2匹の猫がおり、楽しく暮らしています。そんな可愛い猫たちですが、果たして飼い主のことをどのように思ってくれているのでしょうか?大好きだと思ってくれていたら嬉しいのですが・・・猫の気持ちを知るのはちょっと怖いですね。

そこで今回は・・・猫が飼い主のことを好きだと思っている時のしぐさや行動を調べてみたいと思います!真実を知ってもガッカリしませんように(笑)

まず猫の習性について知りましょう

元々猫は群れを作ることのない単独種です。群れを作るのはネコ科の動物ではライオンのみであり、メスは子供を育てないといけませんのでメスだけだといわれています。そしてネコ科の動物は夜行性であり、茂みに潜んで獲物を捕らえる捕食動物なので群れるのは逆に見つかりやすく、ネコ科の動物にとってはマイナスな面が大きいのです。そういった習性がありますので、猫は単独を好むようです。

猫 飼い主 好き サイン ねこの気持ち

https://www.purina.de/

猫は犬と違い”好き”という感情が分かりにくい

犬は喜びや好きだという感情を全身で表現できる動物ですが、猫の場合は感情が大変分かりにくい動物です。犬はしっぽを激しくふってそわそわと動き回りますので喜びや好きという気持ちが分かりやすいですよね。しかし逆に猫がしっぽをふるのはストレスを感じている時ですので犬とは真逆です。ではどのようなしぐさが飼い主を好きだと思っているサインなのでしょうか?

猫 飼い主 好き サイン ねこの気持ち

http://mentalfloss.com/

 

猫が飼い主に”好き”と伝えるサイン

では、猫はどのようにして飼い主に対して好きだという表現をするのでしょうか?実は猫には飼い主に対して様々な”好き”という愛情表現があったのです!これからいくつかご紹介したいと思いますので、いくつ自分に当てはまるのかをチェックしてみてください。

猫の”好き”といえばゴロゴロ

これは猫好きではなくともご存知ですよね?この猫がゴロゴロと喉を鳴らす喜びの表現は誰にでも分かりやすい代表的なものです。ネコ科の野生動物もゴロゴロと喜びます・・・が、この動画のゴロゴロは迫力があり過ぎで、可愛いというよりも怖いです(笑)

しっぽをピンと上に立てている時

猫がしっぽを真っすぐと上に立てている時は機嫌のよい証拠です。飼い主のことを好きと感じていると言って間違いありません。また、何かを期待してる時にもしっぽを立て、しっぽの先の方を手前に曲げている時は猫ちゃんからのご挨拶です。動画で分かりやすくしっぽについて説明がされていますので、しっぽによる猫の色んな気持ちを知りたい方はご覧になってみてください。

飼い主へのモミモミ・ふみふみ

これも猫特有の”好き”という飼い主さんへの大きな愛情表現の一つです。子猫が母猫からミルクをもらっている際におこなう行動ですので、もし猫からモミモミ・ふみふみされた場合、間違いなく猫は飼い主さんのことが好きだといえます!そしてこの行動は猫同士でもおこなうのですが・・・この動画は面白カワイイです(笑)

スリスリと身体をこすり付けてくる

猫はお風呂に入れなくても体臭を感じませんが、実は猫は鋭い嗅覚をもっており自分の匂いを家具や飼い主にスリスリとこすり付けて安心感を得るのだそうです。猫が飼い主にスリスリする場合は、飼い主を自分のものだと主張している証拠です。ですので、スリスリは猫からの好きという合図なのです。この動画はボブキャットですが、これだけ大きいとスリスリもダイナミックですね!

おなかを見せてゴロンと横になる

これは犬も猫も同じですね。犬や猫に限らず、動物は弱点であるおなかを敵に見せたりはしません。飼い主の目の前でゴロンと横になっておなかを見せているのは信頼の証拠であり、安心しているのです。猫が目の前でゴロンと横になったら猫からの好きというサインですので、優しくナデナデしてあげましょう!しかしこの動画の猫ちゃん・・・猫であることを忘れてしまっているようです(笑)

飼い主をじっと見つめてまばたきをする

まさに猫からの飼い主へ対する好きだよ!というウインクです。さすがに人間のように片目ではウインクしませんが、飼い主をじっと見つめてゆっくりとまばたきをするのは”好き”のサイン。猫にまばたきをされたら飼い主もウインクで応えてあげましょう。個体によりますが、めったにウインクしてこない猫もいますので「自分は好かれていないかも」とは考えない方が良いです。別のしぐさで猫からの”好き”サインを探りましょう!

飼い主が移動するとついてくる

どこかへ移動すると猫がついてくることありませんか?猫は大好きな飼い主と一緒にいたいのです。猫が眠い時やご飯を食べている時はついてきませんが、猫から好かれている場合はどこかへ移動するたびについてまわります。猫によっては歩くのが大変なほど足元にくっついて歩く猫やある程度の距離を保ってついてくる猫など猫によって様々ですが、これも飼い主を大好きだというサインです。トイレやお風呂に入った時にずっと待っている猫もいますよ(笑)

おもちゃや獲物をくわえて持ってくる

猫がおもちゃや捕まえた獲物を持ってくる場合、飼い主に喜んでもらいたい気持ちと、楽しいを一緒に共有したいからです。ですので、投げたおもちゃをくわえて持ってくる場合も猫が飼い主のことを好きだと思ってくれているサインとなります。わが家の猫もおもちゃをキャットタワーの上に置いたりすると登って足元まで持ってきてくれますよ!これは多くの飼い主が経験しているのではないでしょうか。

声でのコミュニケーション

猫は元々単独で活動する動物ですので、発情期などの興奮状態を除き他の動物のように声でコミュニケーションを取ることはしません。人と暮らすようになった猫は声によって人間とのコミュニケーションを取れるということを覚え、飼い主に対して鳴くようになったと考えられています。猫を飼っている方でしたら経験があると思いますが、話しかけると返事をしてくれる時もありますよね。猫は興味のない人に対して鳴いたりしませんので、これも飼い主を好きだと思っているサインと考えて良いでしょう。

猫が飼い主を”好き”かどうかをチェックする方法のまとめ

猫 飼い主 好き サイン ねこの気持ち

http://www.hd-wallpapersdownload.com/

いかがでしたか?猫の好きだというサインにいくつ該当しましたか?とはいえ、猫の生まれた環境や個体差によって違いはあると思いますので、該当しなかった飼い主さんもガッカリする必要はありません。愛情を持って猫を飼育していれば、必ず飼い主さんの思いは猫に通じているはずですし、猫の方も飼い主のことを好きだと思ってくれていると思います。

 

こちらの記事もいかがですか?