TOPへ

猫と人の幸せをつなぐハートフルコミュニティ"ミャウミャウ"

Meow Meowについて
猫と人の幸せをつなぐハートフルコミュニティ " ミャウミャウ "

http://hinatamcs.exblog.jp/

愛猫を守ろう!もしもの災害時に備える物や必要な心がけ。

猫を飼っているならば考えておきたいのが災害時の対策!我々人間は日頃から避難訓練等で正しい知識を身につけるよう社会全体で促されていますが、猫においては飼い主さんが自主的に学ぶ必要があります。今回は突然の災害時に慌てないように必要な要点をまとめて紹介したいと思います。

災害時には素早く落ち着いて猫を確保!

愛猫を守ろう!もしもの災害時に備えておくべき物や心がけておきたい事!

http://blogs.yahoo.co.jp/

災害時、まずは落ち着いて猫を優しく確保したい所です。飼い主さんの行動がバタバタしていては猫が怖がって暴れかねませんので普段以上にゆっくり抱きかかえながら扱う必要があります。この初動で落ち着いた行動が出来るかどうかでその先の安全な避難に繋がってくるので、しっかりと心にとめておいて下さいね。

 

猫を落ち着かせる魔法の道具、それが「洗濯ネット」

愛猫を守ろう!もしもの災害時に備えておくべき物や心がけておきたい事!

http://inuneko-magazine.com/

どんなに飼い主が落ち着いて猫を確保しようと試みても猫本人がパニック状態で走り回ってしまう場合も当然あります。臆病な性格の猫であればその場に縮こまってしまうので確保に手間取らないのですが、とにかく暴れて仕方が無い…そんな時の救世主は「洗濯ネット」です!

実はこの洗濯ネットに猫を入れると不思議と大人しくなるという効果や証言が沢山あるようで、災害時でなくてもこの効果を利用して病院に連れて行く時に猫をネットに入れてからバッグに入れて運んだり、爪切り時に暴れる猫対策としても活用するケースもあるという事からも洗濯ネットの効果は実証済みとも言えますね。

 

キャリーに入れて安全確保!

愛猫を守ろう!もしもの災害時に備えておくべき物や心がけておきたい事!

https://www.amazon.co.jp

 

商品詳細>>猫壱 ポータブル ケージ 黒

 

洗濯ネットに入れた猫が落ち着いてきたら次はキャリーに入れましょう。病院やちょっとしたお出かけなら鞄でも良いのですが、災害時は思った以上に手間取ってしまい、普段なら簡単に出来る事が出来なくなりがちです。そこを考慮すると簡単に入れやすい猫用のキャリーは必要だと思います。ここで大事なのは日頃から猫をキャリーに慣れさせるという事です。災害時に初めて使おうとしても猫は全力で入るのを嫌がります。日頃からキャリーの中をくつろげる空間として利用させて猫を安心させましょう。ある程度猫がキャリーになれてきたら先ほど紹介した「洗濯ネット→キャリー」への移動の練習を定期的に行いましょう。頭で理解するだけでなく実際に行為として練習する事が避難訓練として重要なポイントになってくるからです。

 

避難所の情報は予めチェックしておく事!

愛猫を守ろう!もしもの災害時に備えておくべき物や心がけておきたい事!

http://www.rireenboite.com/

災害時、自宅での安全が確保出来ない場合は避難所へ行くことになりますが、そもそも避難所に猫を連れていけるのでしょうか?愛猫家の皆さんならこう考えるのではないでしょうか?『テレビで猫が避難所にいるシーンとか見たことあるし、家族同様の猫なんだから受け入れてくれるに決まってる!もし周りに猫嫌いの人がいたとしてもキャリーから出さなければ問題ないでしょ?そもそもこんな非常事態にそんな事でいちいち文句を言われるのは不公平だ!』・・・どうでしょうか?確かに気持ちはわからなくもないのですが、それでもやはり避難所というものは基本的に人間優先のルールがあるという事を大前提として認識しておく必要があります。災害時はただでさえバタバタしているのに余計なトラブル等で疲労を重ねてしまわない為にも、猫を飼ってる飼い主さんは予め近所の自治体に問い合わせたり、避難訓練に参加して確認したりしましょう。

 

災害時にあると便利な猫用防災グッズ

愛猫を守ろう!もしもの災害時に備えておくべき物や心がけておきたい事!

http://www.nyan-tena.com/

先にご紹介したように洗濯ネットとキャリーがあれば災害時に猫を連れて避難する事はできますが、それ以外に必要な防災グッズを確認していきましょう。

  • ドライフード・猫用飲用水(一週間分、最低でも3日分)
  • ウェットフード(缶詰等)
  • 食器(紙皿・タッパー等)
  • トイレグッズ(砂、ペットシーツ等)
  • ビニール袋(嘔吐等の対策)
  • 使い捨てカイロ(猫は寒さに弱いので毛布も)
  • ハーネス類及び首輪など(予備もあると◎)

まだまだあげれば出てきますが最低限これくらいは用意しておきたいものです。人間用の防災グッズと同じ場所に纏めて保管しておいて災害時にパッと持って行けるようにしておきたいですね。

 

市販のペット用の防災グッズ

ネット上でもペット用防災グッズが売られていますので、何をどう用意して良いのか分からないという人にはとても便利だと思います。しかも、防災に特化した製品ですので、自分では思いつかない部分まで考えられているのでとてもお勧めです。

 

商品詳細>>防災セット 2人分とペット用 一緒に避難 防災グッズ 防災士考案 4wayペットキャリー採用

 

人間とペット用の防災グッズで、犬用と猫用を選ぶことができます。これがあればパパとママ、猫ちゃんの3家族分の防災グッズを一気に揃えることができます。しかもペット用のキャリーはガラガラと転がしたりリュックとして背負うこともできる万能タイプでとても便利!これならスグに逃げる準備が出来そうですよね!

 

 

一緒に避難防災セットは、先程ご紹介した『2人+ペット1用』の他に『1人+ペット1用』と『ペット用』の3つがあり、自分に合わせた防災グッズを選べるのが特徴的です。今や防災に関しての意識は常識レベルです。「私の家や家族は大丈夫」なんてノンビリしたことは言っていられません!災害だけではなく、日本は他国からのミサイル攻撃をされるという危険もあります!大切な家族を守るためにも万が一のことは常に考えておきましょう!!

 

・商品詳細>>防災セット 1人分とペット用 一緒に避難 防災グッズ 防災士考案

・商品詳細>>ペット家族用 防災セット 一緒に避難 防災グッズ 防災士考案

 

 

災害時の迷い猫対策に『迷子札』は必須!

愛猫を守ろう!もしもの災害時に備えておくべき物や心がけておきたい事!

http://item.rakuten.co.jp/

災害時は何かとバタついてしまうもの。ちょっと目を離した隙に猫がどこかに逃げてしまった…そんな時に「迷子札」というものを猫の首輪につけていれば安心です。

愛猫を守ろう!もしもの災害時に備えておくべき物や心がけておきたい事!

https://peka.pet

商品詳細>>シェイク (Shake) ねこ用IDカプセル・鈴 ピンク

商品詳細>>シェイク (Shake) ねこ用IDカプセル・鈴 ブルー

 

このようなカプセルタイプだと、中に紙を入れておけます。記しておきたい情報は

  • 猫の名前
  • 猫の性別
  • 猫の年齢
  • 飼い主の電話番号

これくらい書いてあれば安心ですね。デザイン的にも小さくてさりげないので災害時でなくてもやんちゃな猫ちゃんの脱走対策として日頃からつけておいてもいいですよね。

 

災害時に猫と慌てないように備えが大切ですね

愛猫を守ろう!もしもの災害時に備えておくべき物や心がけておきたい事!

http://www.mirror.co.uk/

いつやってくるかわからない災害。そんな災害時に自分の身は勿論、自分の身と同じくらい…いやそれ以上に大切な猫を守ってあげられるのは飼い主さんだけです。正しい知識と抜かりない備え、そして何より日頃から災害に対しての心構えをしておく事が重要ですね。頭では分かっていても実際に行動に移すとなるとスムーズに出来ないと思いますので、時間がある時にでも実際の災害を想定した避難訓練をしておきたいものですね。