TOPへ

猫と人の幸せをつなぐハートフルコミュニティ"ミャウミャウ"

Meow Meowについて
http://miwaku.blog.jp

http://miwaku.blog.jp

日本の水族館に泳ぐネコ!?鳥羽水族館の人気者・スナドリネコ!!

2015年に開館60周年を迎えた鳥羽水族館では、新たに「スナドリネコ」という動物を迎えたことが話題となりました。このまとめでは、展示開始以来、鳥羽水族館の人気者になったスナドリネコの生態や、鳥羽水族館が水族館にネコを展示するようになった理由について取り上げています。

スナドリネコのいる鳥羽水族館とは?

鳥羽水族館スナドリネコ

https://deece.jp

鳥羽水族館は三重県にある全国でも最大規模を誇る水族館です。日本全国の水族館で唯一見られるジュゴンやダイオウグソクムシなどのちょっと変わった生き物などは、来たら絶対に見て帰りたいもの。また飼育員さんとの息の合ったやりとりが面白いと評判のセイウチショーなども見所の1つです。

鳥羽水族館スナドリネコ7

http://tamaken.seesaa.net

こちらが実際のジュゴンちゃん!

 

大きくてかわいいですね!!(亀も相当デカいですが笑)

ジュゴンを展示しているのは日本ではココ鳥羽水族館だけらしいので、まさに一点物!

となると一度は見ておきたいですね!!

 

そんな鳥羽水族館の人気者スナドリネコに注目!!

鳥羽水族館スナドリネコ2

http://www.tomorrow-is-lived.net/

上記の写真がスナドリネコです。名前の通りネコという感じはしますが、普通におうちで飼われている猫と比べると野性味があってワイルドな印象。それもそのはず、スナドリネコは「漁」をする事によって生きてきた種なのです!!

熱帯育ちのスナドリネコ

鳥羽水族館スナドリネコ8

http://amami-guide.com

スナドリネコは主に熱帯・亜熱帯地方のマングローブなどに生息するネコ科の動物です。

 

「スナドリネコ」という名前は「漁をする」という意味の「漁る(すなどる)」という言葉から来ています。まさにこの猫の特徴がそのまま名前になったという事ですね。

 

そんなスナドリネコと一般的に家庭で飼われている猫の違いは、何と言っても水の中に入って魚を捕まえることです。

 

一般家庭で飼われている猫の多くは魚は食べても、水は苦手なので水の中に入って魚を捕まえるということはありませんよね。

鳥羽水族館スナドリネコ6

http://va-look.com

みて下さい!完全に水の中を泳いでいます!

 

その優雅さは魚のよう・・・

 

スナドリネコは水中での捕食がしやすいように水かきまでついてるようです!そう、スナドリネコは本格的に水中を泳ぐ事に長けた猫なのです!

 

魚の他に、カエルやザリガニ、貝類など幅広く食べるそうですよ。結構グルメなんですね。勿論ネズミも食べます!

 

鳥羽水族館で見られるスナドリネコ

鳥羽水族館スナドリネコ9

http://www.aquarium.co.jp

鳥羽水族館では2015年3月にオープンした「奇跡の森」ゾーンでスナドリネコを見ることができます。同じゾーンには他にカメなども展示されています。

 

それにしても魚類などが中心の水族館にネコがいるというのは変ではないだろうかと感じられる方も多いことでしょう。なぜネコが水族館にいるのか、担当者は以下のようにコメントしています。

 

「水を怖がらずに潜って魚を捕まえる猫がいると聞いて興味を持ち、生態などを調査したことでさらに惹きつけられました。また、『水に関連した生き物を新たに迎える』というコンセプトにもスナドリネコはぴったりだったので導入することになりました。」

(鳥羽水族館:担当者)

 

当初はこの決定に驚いた来場者も多かったことと思いますが、今ではすっかりスナドリネコは鳥羽水族館の人気者になっています。

 

鳥羽水族館のスナドリネコの見どころは?

鳥羽水族館でのスナドリネコについて、担当者は「ペットとして飼う猫とは違う表情やヒョウやトラを思わせるような威嚇するときの動作、野生の姿と同じように水に入って魚を捕まえる姿が身どころです」と語っておられました。スナドリネコを鳥羽水族館で展示し始めた当初は、飼育員さんたちでさえもなかなか触ることができなかったそうですが、当時から1年以上経った現在は果たして飼育員さんとスナドリネコの距離は縮まっているのでしょうか?もし行かれることのある方はぜひそちらにも注目してみてくださいね。

 

水もへっちゃらなスナドリネコ

大概の猫は水を怖がったり、濡れるのが苦手というのが多いですが、マングローブなどの亜熱帯を生き抜いてきたスナドリネコにとって水場は食事をする為の大切な場所です。

 

池や沼にいる魚介類を主に食料として捕獲いたので、これから紹介する動画に見られるように、水中に投げられた餌をゲットするのもお茶の子さいさいなのです!!

 

 

飼育員さんが水の中に餌のお魚を投下するや否や、恐れる事無く顔面から水の中に突っ込んでいく姿はなんとも逞しいですね!!

 

こちらの動画の1:37秒あたりからは、スナドリネコの親子の仲睦まじい姿を見ることが出来ます。こうして見ると普通の猫の親子と何ら変わりありませんね、子猫をあやす母猫の愛情が伝わってきてほっこりします!

 

鳥羽水族館の人気者・スナドリネコについてのまとめ

鳥羽水族館スナドリネコ10

https://matome.naver.jp

いかがでしたか?開館から60年以上を迎えた鳥羽水族館で話題のスナドリネコについてまとめてみました。スナドリネコは日本ではペットとして飼うのは現状かなりハードルが高いようなので、是非この鳥羽水族館に遊びに行ってこの目におさめたいですね!

今回はスナドリネコについて主にまとめましたが、飼育数日本一を誇る鳥羽水族館には他にもたくさんの魅力的な生き物がいますので、ぜひ家族でのお出かけなどに利用してみてくださいね。

 

鳥羽水族館

鳥羽水族館スナドリネコ12

http://blog.sina.com.cn

 

■営業期間 開館:9:00~17:00
■休館:年中無休
■所在地 〒517-8517 三重県鳥羽市鳥羽3-3-6 
■0599-25-2555
■交通アクセス JR・近鉄「鳥羽」駅から徒歩10分

 

 

 

 

■MAP■