TOPへ

猫と人の幸せをつなぐハートフルコミュニティ"ミャウミャウ"

Meow Meowについて

ミャウミャウ里親募集ガイド – 1.募集に関しての注意事項

募集に関する注意とアドバイス

譲渡条件や猫の状態など、募集の際に気をつけておくこと。

adoption譲渡条件について考える。

皆さまは猫の譲渡条件についてどのようにお考えでしょうか?
里親募集の譲渡条件の厳しさについては、賛否両論で様々な意見があります。

「本当に猫を飼いたい人ならば、どんな条件でもクリアーしてもらう!」
そのお気持ちは非常に分かりますが、果たしてその厳しい条件が本当に猫にとって幸せになれる最低条件なのかと考えると、疑問に思える部分もあります。

猫を助けたいという思いで里親募集をしているのに、その譲渡条件の厳しさが引き金となってしまい、猫を飼いたいと考えていた応募の方々が「ペットショップで猫を買う」という結果へと導いてしまっては、本末転倒だと感じてしまいませんか?

もちろん、猫を飼うためには環境も含め、飼育条件というものは必要です。
しかし、誰かが考えた譲渡条件の仕組みをそのまま自分自身へコピーペーストして、常識だと考えてしまうのは疑問であり、怖いことだと感じます。

自分の出した条件とは合わないと思っても、実は本当に猫を大切に思ってくれる方だったかもしれませんし、実は猫にとっては幸せになれた人だったかもしれません。
もう少し違う視点で人を見てあげることにより、もしかしたら猫と人が共に平和で幸せに生きられる世界がすぐにやってくるかもしれません。

譲受人に負担を与えてしまわないように、動物病院で検査を受けましょう。
病気であったり、ノミ駆除・駆虫をおこなっていない状態で猫を引き取ってもらうのはトラブルの原因となります、必ず募集をする前に動物病院で猫の健康状態をしっかりと見てもらいましょう。治療中や通院中で、どうしても猫の健康状態が悪いまま募集をしなければいけない状況にあったり、事故や生まれつき身体が不自由な猫、エイズキャリアの猫の場合は、募集をおこなう際にしっかりと記載をお願いします。
譲渡した猫の状況を定期的に教えてもらいましょう。
猫は飼い主を選べません。譲受人に猫を渡したからといって終わりだと考えず、譲渡後の猫の状態を定期的に確認できるよう画像や動画を送って頂くか、SNSなどを利用して譲渡した猫の様子が確認できるように、お互いの理解を得られるようにしましょう。虐待などのリスクを避けるために必要なことです。
マナーのあるメッセージのやり取りをお願いします。
ネットとはいえ実際には人と人との繋がりです、里親の申し出や質問に対して高圧的な態度を思わせる文章を送ったり、複数のメッセージに対して無視をしたりといった対応をせず、送られてきたメールにはきちんと礼儀ある対応を心がけるようにしてください。メッセージを送る皆さんは、募集の猫を大切に育てたいという思いで連絡をしてくれている人たちです、人と人とのコミュニケーションを大切に。
募集したい猫の印象を良くするのも悪くするのも自分次第です。
特に写真は募集を見ている方にとって最も重要な情報となりますので、なるべく多くの写真を撮影し、里親募集を見ている方へたくさんの可愛い猫の写真を見てもらいましょう。また、ピントの合っていない写真やブレてしまっている写真では、見ている方に本来の猫の良さが伝わりませんので、猫が活発に動いて撮影が出来ない場合には、無理に撮影をしようとせず、猫が落ち着くのを待ってから撮影をおこないましょう。薄暗い環境で撮影された写真だと、見ている方にあまり良い印象を与えることが出来ません。日中の明るい時間帯に撮影をおこなうか、部屋の電気をつけるなどをして、良い印象を与える猫の写真を撮影しましょう。猫に幸せになってもらいたいという思いがあれば、良い印象の写真が撮れるまで粘り強く努力することも必要なことです。そして何よりも、猫が幸せになるために大切なことです。

Adoption Guide

里親になりたい方へ

掲載されている猫の里親になりたいと思った方は、こちらをご覧の上ご応募ください。

里親応募ガイド

里親を募集したい方へ

ミャウミャウで里親募集をおこないたい方は、こちらをご覧の上ご登録ください。

里親募集ガイド 里親を募集する