TOPへ

猫と人の幸せをつなぐハートフルコミュニティ"ミャウミャウ"

Meow Meowについて
tumblr_m3kv1lHBKI1qa8o34o1_400

猫さま愛が強すぎてエジプト軍が壊滅した伝説の戦いに使われた盾の正体とは!

そんなバカな!?エジプト軍の猫さま愛が強すぎて、伝説となった戦いをご存知ですか?対戦国スペイン軍がその時の戦いに用いた「盾」には、まさにエジプト軍の弱点を握るとんでもない秘策が隠されていたのです!猫と盾?いったいどんな戦いだったのか、ご紹介します。

屈強なエジプト軍が戦う気力を失うほどの盾だった

http://www.mr-hobby.com/

前525 年、ペルシア王カンビュセス2世はエジプトに侵攻した。即位して間もなかったエジプト王プサムテク3世はデルタ東部のペルシウムでこれを迎え撃ったが、対抗する力はなく敗れた。

古代エジプト軍事史

これは、エジプト軍の歴史に残るペルシャ軍との戦いの記述です。

”抵抗する力はなく敗れた”と書かれていますが、実は”抵抗できなかった”というのです!

 

 

盾に何を見たのだ!エジプト軍よ!

http://japaneseclass.jp/

 

猫を盾にされたエジプト軍は誰も反撃する事が出来ず、壊滅させられたと言う。。

http://www.pixiv.net/

 

ペルシア軍VSエジプト軍
ペルシア軍は猫を盾に行軍、猫を神聖視するエジプト人は攻撃できず。

エジプト軍と猫

 

 

エジプト軍もびっくり!猫が!猫が盾にぃ~!!

http://deco-pon.org/index.php

その戦いに、ペルシャ軍は盾に猫を縛り付けて攻め込んできました!

猫さま愛が深すぎるエジプト軍は、盾に縛り付けられた猫を傷つけることを避けたため、なすすべもなくあっという間に壊滅状態にされたというのです。

エジプト軍が想像もしなかった「猫盾戦法」には相当驚いたことでしょうね。

 

罪のないネコを斬りつけるのは普通に可哀想な話ではありますが、そもそも戦争というコト自体が人同士で傷つけあうもの。自分の命を犠牲にしてまで、なぜネコを優先させたのか。

それは、当時エジプトではネコを神様として崇めていたため、古代エジプト人はネコを傷つけるわけにはいかなかったのです。

http://deco-pon.org/index.php

 

 

 

ちょっとここでエジプト軍と猫との歴史

http://catman.moo.jp/

もともとは家畜として飼われていた猫が人に懐き、ペットして家族のように暮らすようになりました。

猫が死ねば眉を剃って悲しみを表現したり、ミイラにして死後の復活を願ったほど。

そうしていつしか猫は、災難から守ってくれる神の存在となったのです。

 

猫を殺すと死刑となり、火事が起きれば驚いた猫が火の中に飛び込んで焼け死んでしまうことがないよう、人が垣根のようになりそれを阻止したといいます。

 

そうした背景があり、エジプト軍は猫に対して異常なまでの深い愛と信仰を持っていたのです。

 

 

 盾だけじゃない!猫を利用した戦法がまだあった

http://sakuramochi-jp.blogspot.jp/

エジプト軍が立て籠もった城の門を開けさせるために、塀越しに次々と猫を投げ入れると、あっという間に門は開けられたという・・・。
神としての地位にあった猫たちを、たくみに利用するという卑劣な戦略が功を奏してか、ペルシャ軍がエジプトを征服してしまいました。

http://bigcat.exblog.jp/

 

ペルシャ軍は「猫盾戦法」のみならず、投げ入れも・・・

想像もしたくないですね!(汗)

 

 

 さいごに

http://yaplog.jp/fashionablylat/

 

 A cat has nine lives. (猫には九生ある)という言い回しがある。この起源も古代エジプトにあるようで、猫は九つの魂を持ち、九度生まれ変わることができると信じられていた。

http://www.necozanmai.com/

古代エジプトでは死者は復活するという考えがありました。

もしかしたらこの戦いで犠牲となった猫さまも、復活を信じてミイラにされていたかもしれませんね。

どうぞ安らかに・・・。